特養老やデイサービス、訪問介護事業所などで活躍している介護福祉士は、幅広い活躍ができるため、介護業界を目指す求職者の間で関心が集まっています。
福祉に関する専門学校を卒業した人でなくても、介護施設などで数年の経験を積むことで国家試験を受験することができるので、「プロフェッショナルを目指したい」「転移職をつけたい」という方には、注目の資格です。

介護福祉士の役割は、勤務先の介護サービスの内容によって左右されますが、利用者の生活上の介助を行うだけでなく、未経験者の指導を行ったり、責任者として職場内を監督したりする業務も担うことになります。
そのため、理想的な介護福祉士の働き方をしたい場合は、各地の社会福祉法人や株式会社などが経営する老人ホームなどでの仕事内容や待遇などに注目をすることをおすすめします。

介護福祉士の有資格者に対して高待遇を提示している介護施設の求人は、ハローワークや転職支援サイトなどで見つけることができるでしょう。
その際注意したいのは、スタッフの定着率の高いところを優先的に探すことです。
また、介護福祉士の資格取得のための学習サポートが行われている介護施設は、幅広い世代の求職者にとって魅力的な職場といえます。
そこで、仕事をしながら介護の知識を習得すれば、国家試験へのチャレンジもしやすくなりますし、先輩介護士からアドバイスを受けることも可能です。
介護福祉士の資格取得は一朝一夕にできることではありませんので、未経験からチャレンジする場合には、【介護福祉士を目指すすべての人へ】のようなサイトを参考にしつつ、コツコツと計画的に進めていくべきでしょう。

 © 2019 - ケア業界で求められる存在